サラ金での借金は自己破産前に相談!

自己破産する前に相談!サラ金での借金、軽く出来るかもしれません

サラ金はお金が必要な人にとっては便利で助かるものですよね。申し込みも簡単になりましたし、必要な書類も身分証明書だけというものもあります。しかし、簡単だからこそ借りすぎてしまって返済できない…なんてことがあったら困りますよね。実際、借り入れが高額になって利息も含めて大きな金額の借金を背負っている人がいるのも事実です。もう自己破産するしかない!と思っているあなた、ちょっと待ってください。あなたのその借金、減額できるかもしれませんよ。

借金の返済に困ったときは、自己破産を含めていくつかの方法があります。あくまでも自己破産は最後の手段です。他にできる方法として3つご紹介します。1つは民事再生です。個人再生手続きと言って、会社の再生手続きとは別に個人向けのものがあるのです。この民事再生、何が一番良いかというと、マイホームを手放す必要がないという点です。マイホームについて住宅ローンが残っている、いないに関わらず、今のまま住むことが出来ます。ただし、住宅ローンの残高はなくならなりません。このローン残高を除いた借金について、その総額に応じて3年程度で返済できるような金額まで減額してもらえるというものです。今の借金の10分の1程度まで減るケースもあります。

2つ目は過払い金返還請求です。利息が利息制限法で定められたより高いもので返済をしている分があれば、その差額を借金返済に回す、もしくは手元に返還されるというものですね。知らないまま法律で定められている利息を上回る返済をしている人も少なくはありませんので、一度確認してみると良いでしょう。

3つ目は任意整理です。裁判所を通さずに自分で利息を減らせないか、返済額を減額してもらえないかといった交渉を行います。しかし、個人で出来ることは限られているので、サラ金側に有利な条件で落ち着いてしまいがちです。それを防ぐために、弁護士や司法書士などの専門家の協力をお願いしましょう。程度はその人で違いますが、借金額の減額が見込めます。

借金は借りたら必ず返さなければいけません。しかし、本当に返済に困ってしまった、そんなときは一度弁護士や司法書士に相談してみてください。今は無料相談を行っているところも増えてきました。あなたがより良い方法をとることができるよう、アドバイスしてもらいましょう。